美容診療

長持ちすることを重視する当院の美容診療とは

美容診療とは、本来果たすべき機能を補いながら、もう一歩進んで、美しさに焦点をあてた歯科治療のことです。クリスタルミツル歯科では見た目を綺麗にすることはもちろんですが、「長持ちすること」を重要視しています。

虫歯になったり歯が欠けたりして補綴(かぶせ物)をすることは、歯という天然物に対して人工物を入れることです。そのためにご自身の歯とかぶせ物が適合しないと長持ちはしません。詰め物も天然の歯も、熱いものや冷たいものを口にした時に膨張したり縮んだりします。その差が大きいと隙間ができたり、接着している薬剤が劣化したりして取れやすくなります。

そこでクリスタルミツル歯科ではセラミック(陶器)での治療をおすすめしています。セラミックは見た目が歯に近いのはもちろん、熱膨張の差も天然の歯と近いので長持ちがしやすくなります。また、セラミックはいわばガラスのような素材ですので、水を吸わず、色や臭いがつきにくいのが魅力です。

歯科材料へのこだわり

院長は大学で歯を修復する材料について詳しく学びました。また、歯科医師として治療をしていく中で、色が変わってしまったり、詰め物の下が虫歯になっていたりと、使用している材料によって違いが大きいことを改めて実感しました。その現状を踏まえ、学んできた補綴の知識を生かし吟味した素材を取りそろえています。

もちろん銀歯のほうが適していることもありますし、プラスチックレジンの詰め物がダメということはありませんが、クリスタルミツル歯科では天然の歯に素材が近く、色も綺麗でアレルギーを起こしにくいセラミックでの治療をおすすめしています。

しかし、セラミックを使用しての治療は自費料金になるため、保険適用で治療ができる銀歯やプラスチックレジンよりも料金が高くなります。そこは費用と使用感や持ちとの判断になりますので、できる限りのメリットとデメリットの情報をご提供してお選びいただきます。当院では、なるべくいいものを提供したいという想いから、多くの患者さまにセラミックの良さを体感していただくために、なるべく費用を抑えて提供できるように歯科技工士と協力しています。

素材の違い

セラミックス

お皿に使う陶材を歯科用に加工したもので、色が白く、美しく仕上がり、金属アレルギーを起こしません。セラミックの素材は、水を吸収しない素材なので、コーヒーなど色の強い食事などで、時間の経過とともに変色することはなく、汚れ(細菌等)の付着が少ないため、二次的な虫歯や歯周病のリスクをさげることができます。また、においもつかない素材のため、口臭の原因にもなりません。

レジン(プラスチック)

レジン(保険素材)は性質上、食事をするたび水分を吸収してしまうため、見た目でも黄ばみなどの変色で劣化が感じとれるようになります。また、劣化が進むと割れやすく、はがれやすくなります。汚れの付着が起こりやすいため二次的な虫歯や、歯周病のリスクがあります。

銀歯(保険適用)

日本での歯科治療で多く使用されている保険の銀歯は12%パラジウムという金属です。この金属に含まれる成分は金12%、パラジウム20%、銀50%、銅16%、その他2%(亜鉛、インジウム、イリジウム等)です。銀は腐食しやすい金属なので銀の耐酸性を補うために金混ぜ、銀のもろさを補うためにパラジウムを加えます。しかし、このパラジウムというアレルギーを起こす可能性があります。お口の中で金属は、帯電し、熱や酸などで少しずつ溶け出し、 それが体内に吸収・蓄積されると金属アレルギーを発症してしまう可能性があるのです。

料金はこちら